医療事故のリスクで悩んでいる方へ 〜自身への心のケアも大事〜

HOME   >   【仕事の悩み】医療事故のリスク

頭を切り替える期間も大事

ほほえむ看護師 看護師さんの悩みの中で、医療面で挙げられるのが医療事故です。
医療ミスには針刺し事故、点滴ミス、投薬ミス、移動時の骨折など様々ありますが、いずれも大きな問題へと 発展してしまうリスクを抱えていますので、常にプレッシャーを感じながら日々看護に当たっておられると思います。

ミスを起こしてしまった後、患者さんへのケアは当然ミスしてしまった看護師さんとしても、病院としても実施しておられると思います。 一番の問題は、事故を起こしたあなた自身の心のケアです。 立ち直れないほどのトラウマになってしまう方も多くおられ、「もう看護師を辞めたい」という気持ちに必ずなります。

もし日々の仕事に支障を来しそうなレベルであれば2、3日休みをもらって頭を切り替える期間を作ってください(人が足りていない現場では難しいかもしれませんが)。同じようにミスを起こして落ち込んでしまった人の意見などもありますので、 ネット上の専門の掲示板などを見てみても良いでしょう。

それから、自分の感情は一端脇に置いておいて、次に同じようにミスが起きないように振り返ってください。 自分がミスを起こさなければ良いのではなく、これから新しい看護師さんが入ってきた時に同じようにミスをしない ために、業務の流れやチェック機能、更にはミスが起きた後のマニュアルを改善してください。 それがミスをしてしまった患者さんに対するせめてもの償いにもなるでしょう。

医療事故のリスクは常にありますが、人は誰でもミスをします。それを次に活かし、 例えば自分の後輩や子供に恥ずかしくない仕事が出来るかどうかが看護師として問われているのでは無いでしょうか。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ