粗悪な転職サイトを見極める 〜コーディネーター(エージェント)の人柄などもチェックする〜

HOME   >   【転職サイトについて】粗悪な転職サイトを見極める

粗悪な転職サイトを見極める

サイトやコーディネーターを見極める

聴診器 本サイトで紹介している看護師求人サイトの他にも、たくさんの転職サイトがありますが、なかには希望する条件の病院がないと言って、 同じ病院ばかりをプッシュされた経験がある利用者もいます。

このような状況が続くと、コーディネーターとの信頼を築き上げることは難しく、 転職サイトそのものに不信感を抱いてしまいます。様々なサイトがある以上、残念ながら優良とは言い難いサイトもあり、 またコーディネーター個人の考え方によって、転職活動は大きく左右してしまいます。

信頼のできる優良サイトであるか否かを見極めるコツは幾つかあり、 まずは会社概要などを確認し、法人として運営しているか、所在地がはっきりとしているか、など運営会社そのものを調べ、 さらにはサイト上で掲載されている紹介実績や体験談、Q&Aもチェックし、 完全無料であることや希望条件別での検索ができるかを注視します。

サイトを見極める以上に、コーディネーターの見極めは難しく、利用者との性格が合うか合わないかも影響してしまいます。 事前にコーディネーターを紹介しているページが設けられている場合もありますので、そちらを参考に、 人柄なども選考のポイントにしておきましょう。

意思の疎通が図れているか?

特定の偏った病院や診療科を勧められた場合、コーディネーターに不信感を抱く前に、まずは意思の疎通がきちんと取れているかを確認しましょう。 コーディネーターは、利用者の希望を把握しようと努力はしていても、利用者が頭の中に描いているイメージを、 全て熟知できるわけではありません。

想っていたのとは違う、なんとなく違う、など感覚的な理由で断ってしまうと、コーディネーターも新しい案件を紹介するときに戸惑ってしまい、 また似たような勤務先を提示してしまう場合もあります。

「残業もなく家からも通いやすい場所ですが、病院が古いから嫌です」
「新しい病院ですが、職場が女性ばかりという点が引っかかります」

など、どんな些細な点でも良いので、明確な理由を伝えることで、コーディネーターと意思の疎通を図ることができ、 イメージに近い病院が提示されてくるようになります。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ