看護師転職サイトを使うデメリット 〜コンサルタントとの円滑な意思疎通を!〜

HOME   >   【転職サイトについて】転職サイトを使うデメリット

転職・求人サイトの不安や注意点

ナース求人サイトを利用するにあたって、不安があるという方も多いかと思います。従って、そんな方々の不安や注意点などについて書いています。

何度も電話で営業されるの?

パソコンを使うナース そのようなことはありません。 但し、求人サイトによってはかつての利用者に転職の検討状況のヒアリングなどで連絡を入れる場合もあります。 そのような連絡が迷惑であれば、転職は完了した(もしくは延期する)ので今後は連絡してこないでくださいと伝えれば、大丈夫です。

直接は言い難いという場合は「そちらからの電話やメールは困ります」とメールを送っておけば問題ありません。

今の病院に転職活動がばれたりしない?

このサイトで紹介しているのはどれも長年の実績がある大手転職サイトですので、
個人情報が漏れたなどというケースは見聞きしたことがありません。 どのサイトも長年の看護師さんからの信用のもとで実績を積んでいる企業ばかりなので、安心してご利用いただいて問題ないと思います。
特に上場企業であれば気分的にも更に安心ですよね。

担当者と相性が悪い場合は我慢せずにチェンジ

転職を上手く進めていくためには、サイトのコンサルタントと円滑に意思疎通をはかることが求められます。 しかし、人間と人間なので、「コンサルタントと合わない」「自分の出した希望条件に合わない求人案件しか出して来ない」などという コンサルタントも中にはいるようです。

そのような時にはサイトに電話かメールで連絡し、コンサルタントを変えてもらうか、そのサイトは利用しない ようにすることをお勧めします。担当になったエージェントとの相性はどうしてもありますので、数社を比較しつつ転職を実施することを おすすめします。

やりとりに不安がある場合は、看護のお仕事などコンサルタントの評価が高いサイトがオススメです。

紹介報酬が高いサイトからの紹介は採用率が下がる場合がある

サイトから紹介された看護師さんを採用した場合、病院はサイトに紹介料を払うことが必要になります。 つまり、応募者が殺到し、どちらを選べば良いか迷ったばあい、 紹介料紹介料の少ないサイトから来た転職者や、直接申し込んできた転職者をに決める可能性はあります。

なので、ナースパワー人材センターのように紹介料の低さと成約率の高さで看護師さんに訴えているところもありますので、 応募者が多く集まりそうな病棟には、こういったサイトから応募するなどの使い分けをするのもおすすめですです。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ