書類選考を通過するためのコツやポイント

HOME   >   【基礎知識】書類選考を通過する

まずは書類選考を通過する

履歴書の志望動機は具体的に

ハート 同じ空間で長い時間、一緒に働いてみないと、その人のキャラクターは分からず、本当に職場に適しているかどうかは分かりません。 しかし、一度もしくは二度会っただけで、応募者の特徴や人柄を見抜かなければならいのが面接ならば、 会う前にどのような人物なのかを把握するものが履歴書です。

それだけ履歴書は重要な書類であり、一枚の紙で次のステップへ進むことができるかが決まります。 忙しく短時間で履歴書を書かなくてはならない状況だったとしても、それは採用担当者には関係のないことで、丁寧とは言い難い文字や、 写真の貼り方ひとつでも、チェック項目として目に留まり、書類選考の段階で不合格になりかねません。

最も肝心なことは、丁寧に作成をすることで、 字の上手さよりも時間をかけて書いたことが見て取れる履歴書なら印象も良く、 写真はスーツなどビジネスにふさわしい清潔感に満ちた服装で撮影し、剥がれないようにしっかりと貼り付けます。

同じことを何枚も書くことは集中力も途切れがちになり、必然的に書き方も乱雑になるため、 なるべく失敗しないように一度で済ませることが肝心です。ポイントとしては、印鑑を先に押してしまうことです。 せっかく綺麗に書けても、印鑑がかすれてしまったり、上手に押すことができないと、一から同じ履歴書を作成しなくてはなりません。
また、志望動機は面接の際も必ず聞かれるため、あまり抽象的になりすぎないよう、具体的な理由を交えた方が良いでしょう。

最初のアピールの場となる職務経歴書

学歴や資格などの経歴を淡々とまとめたものが履歴書ならば、 職務経歴書は実績や経験、やる気などをアピールすることができる最初の書類です。 具体的な担当業務や今まで培って来た経験、仕事の成果などをアピールしながら、今後それをどのように繋げていきたいかを記載します。

大切なプレゼンテーションの場でもあるので、実績は豊富なほど良いのですが、あくまでも謙虚な気持ちを忘れずに、 仲間や上司からの支えがあったからこそ達成できた旨も添えておくと、より高い評価を受けることができます。

また、コーディネーターは看護師転職のプロのため、より魅力的に受け取れる書き方や、 面接官から好感触を持たれる書類作成の仕方を指導してくれます。自分ひとりでは思いつかなかったプレゼンテーションの方法で、 まずは最初の関門である書類審査の通過を目指しましょう。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ