看護師長はどれくらいもらってる?

HOME   >   【データに見る】看護師長はどれくらいもらってる?

看護師長はどれくらいもらってる?

看護師長の気になるお給料

ここでは、看護師長や総看護師長さんの月の平均給与を見てみます。

職種別平均年齢及び平均支給額

職種 きまって支給する給与(円) 平均年齢(歳)
准看護師 254,616 44.9
看護師 287,486 36.6
薬剤師 292,819 34.7
看護師長 386,514 46.8
薬局長 458,103 49.7
総看護師長 507,179 54.9
歯科医師 686,904 39.4
医師 825,527 42.4
医科長 1,082,103 50.9
副院長 1,306,590 56.4
病院長 1,660,881 60.0

※平成23年 人事院データ参照
※金額は、「毎月きまって支給する給与」から、「時間外手当」と「通勤手当」を除いた月の金額です

パソコン打つナース

その他の医療関係の職種と並べて比較していますが、 看護師長さんは看護師さんの34%増の平均給与をもらっているということになり、 総看護師長さんは76%増というデータが出ています。

もちろん看護師長さんも総看護師長さんも平均年齢はかなり高く、 仕事で把握すべき範囲や責任の範囲も広くなってきますので、 やはり給与もそれ相当だということが出来ます。また、その他の職種を見てみると医科長クラスは看護師の3~4倍、 病院長になると医師のおよそ倍の給料をもらっていることがわかります。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ