先輩看護師との関係による悩み 〜相手の心理的な背景まで想像することで、関係を緩和できることも〜

HOME   >   【職場の人間関係】先輩との関係による悩み

看護師の困った先輩のパターン

先輩看護師 看護師さんの悩みで最も多いのが職場の先輩にあたる、プリセプターや師長、主任などとの人間関係です。 その中で最も多い「困った先輩」のパターンは2つです。

高圧的で言葉遣いが荒い厳しいタイプ

どこの職場にも、厳しい、怖い先輩というのがいますね。言っていることは間違っていないし、
看護の知識も豊富だが、とにかく物言いが偉そうで「パワハラでは?」と思わせるタイプ。

誰に対しても同じように厳しければ、周囲も同じような印象を抱いていますので、みんなでグチればいくらか気分は晴れると思います。 但し、大人しくてのんびりしているので、あなただけターゲットにされているというパターンは困りものですね。 不公平な印象を受けてしまいますね。

この手の先輩は、「なぜこんなに私に厳しいのか?」と思いを巡らせてみてください。恐らくその先輩は同じように厳しい先輩に教育されたために、 「私もつらい環境で頑張ってきたんだから、この子も厳しく育てる必要があるはず」 と意識的・無意識的に考えている可能性が高いです。その先輩の心理的な背景まで想像してみることで、その人のことを理解でき、 少しだけ許してあげることが出来るかもしれません。

機嫌の良し悪しが激しく、とっつきにくいタイプ

普段はとても面倒見の良い先輩だったりもするのですが、機嫌が悪い日はとことんマイナスのオーラ を周囲にぶつけてしまう人が存在します。というか、ほとんどの人間はこのタイプで、権力を身につけた途端にその本性を表してしまうという 味方のほうが正しいかもしれません。

そういう場合は「触らぬ神に祟りなし」です。「今日は第二の人格が出てしまっているな」と納得し、 業務上必要なこと以外は接触しないようにしましょう。 また、こういうときはこちらも極力感情を出さずに、あくまで冷静かつ客観的に接することで、 その人の第二の人格の出現をやわらげることができます。

どちらにしても人は怒ったり注意することで自分のポジションを優位にし、満足するという性質があります。 「しばらく怒らせておいて、満足させてあげよう」という心のゆとりを持って対応したいものです。
しかし自分のミスはミスとしてきちんと受け止めて改善するようにしないと、スキルと言う意味でのあなたの成長はありません。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ