後輩看護師との関係による悩み 〜上手な接し方や指導方法とは?〜

HOME   >   【職場の人間関係】後輩との関係による悩み

指導に困る後輩の典型とは?

聴覚気を持つナース 看護師になって3、4年目にもなればリーダーやプリセプターを任せられるようになり、 新人ではなく中堅に近い見方をされるようになります。

そこで後輩の看護師さんに対して指導を行う立場になるわけですが、先輩の扱いが難しいのと同様、 後輩への対応の難しさに気が付くはずです。

特に先輩に恵まれずに当たり散らされて「決してこんな先輩にはなるまい」と思うような志の高い方ほど、指導の仕方に悩む傾向があるようです。 「後輩」指導に困る後輩の典型として、以下のようなパターンが挙げられます。

大人しい

直接注意する際には、言い方にはじゅうぶん気を遣った方が良さそうです。 嘘でも感謝の気持ちを伝えた後に、「更に良くするためには」という流れで伝えるなど工夫が必要でしょう。

看護師さんは皆さん国家資格を持っていて人の命に関わっているという強烈なプライドがあります。関係によっては直接の指摘は、良策とは言えません。

主任や師長さんなど上長に手を回す

「挨拶が出来ない」
「反応が薄い」
「空気が読めない」

というパターンで、どう接すれば良いのか困ってしまうパターンです。この手の後輩は、どう振る舞えば良いのか判断しかねた結果、 控えめな反応しか出来なかったり、とんちんかんなことをことをするというケースが考えられます。

従って、出来れば仕事と関係のない恋愛の話やテレビの話などで先輩後輩ではなく友だちになるような感覚で接してみてください。

がんこ

年上の後輩に多いパターンですね。経験が少ないのに意地を張って周囲の話に耳を閉ざしてしまう、 料理教室に通いだした定年後のおっさんのようなケースですね。

この手の人はプライドが高いことは間違いないので、出来るだけ褒めるようにしてください。指摘したいことがある場合も、 まずは褒めて感謝の気持ちを伝えた上で、あまり直接的な表現にならないように気を遣いながら、 伝えるようにしましょう。

おせっかい、何にでも手を出したがる

看護師というのはチームプレーですから、仕事に線引きをしすぎずに臨機応変で対応していくことが求められます。 そこで、頭が良くて気が利く人は、気を利かせすぎてどんどん人の仕事に手を出してしまうということがあり、先輩を時に混乱させてしまいます。 こういった後輩には、手を出してほしくない範囲を明確に伝えることと、「人の仕事に手を出す恐ろしさ」 を他の人の例を使って伝えてあげてください。

この手のタイプは周りからの評価を強く気にするタイプが多いですので、して欲しいことと、してはいけないことを明確に伝えてみてください。 「がんこ」タイプのように言い方を遠まわしにする必要はありません

後輩に教えることでプレッシャーになり、看護師としての責任感は増していきます。どのように振る舞えば良いのかわからない時は、 あなたが尊敬できる先輩のことを思い出して、「あの人だったら今どうするかな」と考えてみてください。決してあなたが嫌いな、 感情的で、高圧的で、理不尽で、文句ばかりの幼稚な先輩のようにはならないはずです。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ