医者との関係による悩み 〜時には毅然とした態度で対峙することも大事〜

HOME   >   【職場の人間関係】ドクターとの関係による悩み

ドクターとの関係による悩み

ドクターとの関係で悩まされているナースも非常に多いですね。

クリニックのドクター

特に小さな診療所だとドクターがそのまま組織のトップですから、総合病院のように看護部長に相談というやり方が 出来ませんので、辛いですね。組織は常にトップのやりたいことを叶えるために動くものです。 患者さんよりドクターに気を遣う看護師仲間にイライラすることもあるでしょう。

しかし、ドクターの病院である限りは医者を変えることは難しいので、退職を考えても良いでしょう。 ダメな病院はいずれ淘汰されて無くなりますから、ご安心ください。

若い看護師をちやほやするドクター

ドクターとナース 診察の助手にベテランナースが就くと機嫌が悪くなり、場合によっては若い子とチェンジさせるような、 職場を風俗と履き違えているようなドクターもいます。

あなたがベテラン看護師である場合、出来るだけ仕事の内容で攻撃されないように、当然ですがしっかり仕事をこなすことに集中してください。 理不尽なことを言われた場合は毅然とした態度で説明をしてください (人によっては難しいかもしれないですね)。

「先生は過去には~と仰っていましたが、どちらが正解ですか?」と。 あなたが萎縮して安易に謝ったりすると、ますます横暴な態度になっていくことは心理学的にも証明されています。

言い方がきつく、怒鳴り散らすドクター

よく見かけるタイプのドクターですね。仲には、普段はご機嫌なのに突然スイッチが入った ように怒り狂うタイプもいます。これらは看護師の先輩との関係による悩みに書いていますので、 先輩看護師を医師と読み替えてご覧ください。

何を考えているのかわからないドクター

寡黙で、しっかり仕事はするんだけど何を考えているのかわからないドクターもいます。 人間は鏡のような存在ですので、この場合は恐らくドクターの方もあなたを同じように見ていると思います。 まずはそのドクターに人間として興味を持って、コミュニケーションを取るように心がけてみてはいかがでしょうか。 そこから発展して、仕事についての要望なども引き出せるかもしれません。

ドクターが喜ぶネタとしては、彼自身の自慢話です。なぜその科、病院を選んだのか?なぜ開業したのか?などです。 それから、もしわかればそのドクターが知識を持っている株や家電の話、 わからなければ医療系の漫画やドラマなどの会話ものってきてくれるかもしれません。

何れにしても、看護師さんや一般の人達はドクターは「金持ち」「高学歴」「社会的地位が高い」「モテる」などの印象で語られてしまい、 彼らの人間性の欠如をそういったことが原因であると処理してしまいがちです。

しかし、彼らも同じ人間ですので、患者さんや看護師さんに対して思っていることもたくさんあるはずですし、 そもそもこの国は医師不足で仕事や受け持ち患者が多く、責任も非常に大きい ため大変なストレスを抱えているケースが多いです。時には彼らの立場になって考えてあげることも時には有効ではないでしょうか。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ