同僚看護師との関係による悩み 〜離職原因として最も多く聞く人間関係〜

HOME   >  【職場の人間関係】 同僚との関係による悩み

同僚との人間関係への対処例

相談 看護師さんは日々患者さんやその病気と戦っているわけですが、
最大の敵は同僚との関係 そのものだと言っても良いでしょう。離職の原因でも最もよく耳にするのが人間関係ですが、 ここでは同僚との関係について書いてみたいと思います。

同僚との関係で最も起きやすい問題は、以下のケースのように、「自分のほうが同僚より損をしている」と思うケースではないでしょうか。

・よく欠勤する同僚がいる
・うまいこと自分に仕事を押し付けて帰ってしまう同僚がいる
・師長さんに気に入られていて、休みを優遇される同僚がいる
・全然仕事ができない上に、ズボラな同僚がいる

そのようなときに世の看護師はどのように対処しているのでしょうか。一例を見てみます。

直接注意する

直接注意する際には、言い方にはじゅうぶん気を遣った方が良さそうです。 嘘でも感謝の気持ちを伝えた後に、「更に良くするためには」という流れで伝えるなど工夫が必要でしょう。

看護師さんは皆さん国家資格を持っていて人の命に関わっているという強烈なプライドがあります。関係によっては直接の指摘は、良策とは言えません。

主任や師長さんなど上長に手を回す

相手との関係によっては直接伝えるのが困難な場合があります(むしろこのケースの方が多い?)。そういった場合は上の人を使うことになりますが、 「チクった」ととらえられると逆恨みされて嫌がらせを食らうこともあります。 上司には「伝える」のではなく「気付かせる」などの工夫が必要かもしれません。

じたばたせずに客観的にとらえる

元気な看護師 このページをご覧になっているということは、すでにあれこれ手を尽くした後でしょう。 そういった場合はあれこれ周囲を変えることは一端諦めて、その状況を客観視することに努めてください。

例えば、自分とその相手の関係については「仕事をサボる8年目の看護師のAがいて、それをカバーさせられるB」 というふうに。更に「そのAは最近彼氏にフラれてイライラしており、そもそも頭の回転が遅い」と、二人の関係と、 相手を完全な他人からの視点としてみてください。そして最後に「ふふっ」と笑ってください。 そうすればあなたの悩みはこの世のすべてのストレスのほんの一部になります。「ふふっ」

それでもどうしようもない場合は、環境を変えることを視野に入れて、転職サイトの求人情報を眺めてみたり、 他の職場で働く人に相談してみましょう。必ずしもナース友達ではなく、 全く異業種の人と話してみるのも良いです。どこの世界でも同じように悩んでいる人がいると、 何となくほっとするものです。

TOPページに戻る

ナースパワー独占インタビュー 第一弾のページへ